★您的位置★ 首页>多功能厅>>Lucy的日剧笔记本

《白色巨塔》

关于翻译

白塔电视剧,我是先看了网络下载版,买到飞马版DVD后重头再看一遍,然后去纬来讨论区转悠,发现,很多地方翻译不一致咧
白塔的剧情非常丰满紧凑,很多问题都是在人物对话中交代出来的,翻译的准确与否,直接影响对剧情的理解。
比如最后面财前的遗书,到底是“深感遗憾”还是“深感耻辱”?一词之别,感情色彩差了很多,
后来的翻译都统一成“遗憾”,我看原文里倒是有这个“耻”字的@@
“耻辱”似乎语气有些过激,但联系到财前的性格和他对自己技术的绝对自信,“深感耻辱”也是完全可以接受的。(某日文盲人无责任发言^^)

看纬来讨论区网友发言
Alan:“日剧安排财前遗书的最后一句话,做为结尾,在前面一番理性的分析和建议后,中间有停顿一下,接著用なお,说了最后一句话,なお有点转折前面的语气之感,所以,最后一句恢复成财前那种霸气的讲法,我觉得这样很棒”
黄色蛋塔:“财前和里见对话时,两人在遣词用字上并不是很讲究,像彼此找对方时都是‘おい财前’‘なあ财前’的打招呼。和日本人相处过的话就会知道,这是很不礼貌的叫法,这同时也表示两人之间没有虚掩狡饰……确实‘心より耻じる’翻成‘奇耻大辱’是有点奇怪,‘心より耻じる’含有道歉、反省的意味在里面,但是语气则是堂堂正正的,和‘奇耻大辱’的感觉不太一样”

这么看下来,似乎“引以为耻”才是比较准确的表达?“遗憾”感觉好象太平淡了。

还有里见和大河内教授关于医生责任的一段交谈,DVD上的字幕是“医疗没有绝对正确的答案,医生也不必为此烦恼不已”,而纬来的翻译是“医疗没有绝对正确的答案,但我支持你烦恼下去”,这,这不完全是相反的嘛>_<

发现飞马版DVD里好几个地方翻译都有缺失啊,比如第五话里财前五郎把一亿元捐给鹈饲教授做基金,财前又一夸奖五郎“越来越象政治家了”,后面更高兴得乱抓财前的头发。纬来版这里的台词是“你的头发真多”,而我的DVD上什么都没有,本来是很搞笑的细节啊!>_<

还有第十五话,鹈饲要把里见发配到山阴大学保健室去遭到拒绝后,镜头转到里见的研究室,他交给一个女医生一个文件夹,这半分钟完全没有字幕-_=
赶紧把下载版翻出来看,这段的台词是“论文加入最新的数据了,拿去交给教授吧”,想到后面他完整留下来的资料,里见医生,你真是个好人,星星眼。换了俺的话,绝对会在交接上做手脚出出胸中怨气的-_=
再回想起前半部鹈饲在某学术会议上发言“大家可以参看我的论文”(然后岩田医师会长马上站起来说医师学会购买300本分送与会人员),哼,那多半是里见的论文,踢,我踢

网络的评价是纬来的翻译态度最认真(修正过两次),也最切合原义,可惜弄不到啊T_T
 


财前的遗书,日语达人进

【1979年1月6日 フジの田宮版 最終回の里見への手紙】

「君の忠告に耳を貸さず、俗事にとらわれて、
自らの内臓を侵している癌に気付かず、早期発見を逸し、
手術不能の癌で死ぬことを癌治療の第一線にあるものとして、今、深く恥じている。
それ以前に、医学者としての道を踏み外していたことが恥ずかしくてならない。
しかし、君という友人のおかげで、
死に臨んでこうした反省が出来たことはせめてもの喜びだ。
あの美しいバラは、病床を慰めてくれた。
母を、母をよろしくと伝えてください。
僕の遺体の解剖は、大河内先生にお願いしてください。
後進の教材として遺体を役立てて頂くことが、
医師の道を踏み間違えていた僕の教授として出来るただ一つのことです
君の友情を改めて感謝します」



【2004年3月18日 フジの唐沢版 最終回の里見への手紙】

里見へ

「この手紙をもって僕の医師としての最後の仕事とする。
まず、僕の病態を解明するために、大河内教授に病理解剖をお願いしたい。
以下に、癌治療についての愚見を述べる。
癌の根治を考える際、第一選択はあくまで手術であるという考えは今も変わらない。
しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであるように、
発見した時点で転移や播種(はしゅ)を
きたした進行症例がしばしば見受けられる。
その場合には、抗癌剤を含む全身治療が
必要となるが、残念ながら未だ満足のいく成果には至っていない。
これからの癌治療の飛躍は、手術以外の治療法の発展にかかっている。
僕は、君がその一翼を担える数少ない医師であると信じている。
能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある。
君には癌治療の発展に挑んでもらいたい。
遠くない未来に、癌による死がこの世からなくなることを信じている。
ひいては、僕の屍(しかばね)を
病理解剖の後、君の研究材料の一石として役立てて欲しい。
屍(しかばね)は生ける師なり。
なお、自ら癌治療の第一線にある者が
早期発見できず、手術不能の癌で死すことを心より恥じる」
                                                            財前五郎
 


想起一点补充一点^^

财前弥留的时候,对里见的一段话的最后,有翻译是“我会好起来的,我会好起来的”,比较劲爆的另一个版本是“让我们在一起,让我们在一起”^^
如果是前者,表达的是五郎同学壮志未酬身先死的不甘吧,如果是后者,咳咳
说到这又想起语气差异很大的一段:里见搬家的时候,财前不是特意去看望嘛,在邀请对方三年后加盟却遭到拒绝后,纬来那边的翻译好象有“到时候你不要哭着求我”的狠话,而我的DVD版本语气和缓得多。我觉得这段主要表现的还是财前对里见的惺惺相惜,去示威的成分也有但比较轻微,他可是“完全胜利”的一方啊^^
如果财前真说到这个程度,那他去里见家,“呛声”的比重就大得多了

只懂一门外语实在太不够用了!>_<